あんずとこうめの凸凹日記

プロフィール

りえ☆.

Author:りえ☆.
のんびりいきます

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (51)
あんず+こうめ (36)
あんず (80)
こうめ (19)
みぃ助 (14)
わたくしごと (38)
日記 (15)
はじめまして (1)
オフ会 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
みぃ助 2

みぃ助が我が家にやってきて一週間くらいのこと。 
くしゅっ  くしゅっ   
と、くしゃみをたま~にしているようだったので
その日のうちに病院に連れて行くことにしました。

自宅の一番近くの動物病院の看板に
りす   と標榜してあったのに、そこは「小動物は専門外
だけど、見るだけみます」  という感じでした。

まず症状を聞かれ、次に飼育環境と食べ物について
聞かれました。

飼育環境は、赤ちゃんのころは保温のために水槽飼いで、
ペットヒーターを入れて30℃くらいに保ってあげる。
エサは、小動物用のミルクや、ミルクに浸したカステラをあげる。

ペットショップでもネットでも同じような説明だったので
そのとおりに飼っていたら、先生は 信じられない と
いうような顔をして
「水槽は不衛生だから、普通のゲージでいい。
温度も25℃あれば十分」
「実験用のマウスもそれで生きてるんだから」


さらに、「小動物用のミルクってなんですか?」と
聞かれたので、ミルクの箱に書いてあったとおり
「ウサギやフェレット用のミルクです」と答えると、
先生は鼻で笑ったようにして
「草食動物(ウサギ)と
肉食動物(フェレット)の餌が
同じであること自体がおかしい」

って。
「リス用のペレットで十分」
と言われました。


なんか、今までの飼い方全てが否定されてしまったようでした(悲










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 あんずとこうめの凸凹日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。